著書−秋山幸二の部屋

著書


著書『卒業』
単行本:232ページ
出版社:西日本新聞社
発売日:2003年7月


 2002年10月に現役を『卒業』した後に、秋山幸二自らが書いた手記。
 『現役選手を卒業します』というコメントは、当時幼かった長女に現役引退を理解してもらうために考え出されたと言葉と言われている。

 手記は、引退に至るまでの決断に始まり、生い立ち、選手時代の出来事、家族への思いなどを、写真を交えて綴られている。 2000本安打や数々のタイトルなどの華やかな表舞台の顔とは裏腹に、家族の死、新天地ダイエーホークス(当時)での苦悩もあった。

目次

【第1章】
 ユニフォームを脱いだ日

【第2章】
 生い立ち、そして野球との出会い

【第3章】
 プロ入り、西武での下積み時代

【第4章】
 主砲への道、西武黄金時代

【第5章】
 新天地ダイエー、あらたな苦悩

【第6章】
 再びつかんだ栄冠、円熟のホークス時代



Copyright(C) 2008
秋山幸二の部屋
All Rights Reserved.

著書−秋山幸二の部屋